環境保全への取り組み

NTT印刷は、紙資源を使用する企業として、森林資源はもちろんのこと地球環境保全に真摯に取り組む義務があると考え、さまざまな環境保全活動を行っています。たとえば環境に配慮した資材の使用、自家発電設備による電力消費量の削減に努めているほか、緑化・植樹活動などにも参加しています。
また、「環境方針」を設け、全従業員の自覚を促すとともに、取引先とも連携して環境保全に取り組んでいます。

環境方針

基本理念

環境保全は、地球的規模で取り組むべき最重要課題のひとつです。NTT印刷株式会社は、紙媒体等に印刷を行うことを主要業務とする企業として、そのビジネスの発展を通じて豊かで快適な生活を世界に広げることに貢献する一方、その美しい自然環境を次世代に引き継ぐことができるよう、限りある森林資源を有効に使うなど事業活動のあらゆる面で地球環境に配慮して行動します。

行動方針

  1. 企画・製造・物流・サービスにわたる全ての事業活動において、省エネ・省資源・廃棄物の削減に対する取り組みを推進します。
  2. 事業活動がもたらす環境負荷のうち、紙の使用による森林資源の消費や印刷に伴う電力使用、廃棄物の発生等が、主要な環境影響であると認識し、以下の項目を環境管理重点テーマとして取り組みます。
    1. 紙の消費量の削減
    2. 廃棄物発生量の削減及びリサイクルの促進
    3. 電気使用量の削減
    4. 製品の企画・開発段階から、ライフサイクルにわたる環境保全への配慮
  3. 紙資源の節約を進めるために、他業種・他企業と積極的に連携し、それぞれの役割分担を果たしながらトータルな環境負荷低減の活動を推進していきます。
  4. 国・地方自治体等の環境関連法規はもとより、その他の当社が合意した事項及び必要に応じて自主基準を定め、それらを遵守し、環境汚染の予防に努めます。
  5. 環境教育や社内・社外への広報活動を通じて、全従業員の環境に関する意識の向上を図り、全社的な環境保全活動を確実に推進します。更に、取引先、仕入先、協力会社等に対しても環境保全推進のための理解と協力を求めます。
  6. これら環境負荷低減に向けた取り組みを着実に実行するため、環境目的・目標を設定し、その実施状況を定期的に見直し、環境マネジメントシステムを継続的に維持・改善していきます。

この環境方針は、役員を含む全従業員に周知・徹底するとともに、社外にも公表します。

平成26年10月1日制定
NTT印刷株式会社
代表取締役社長  安田 雅美

さまざまな環境保全活動

さまざまな環境保全活動
  • 環境に配慮した資材の使用
  • 雨水や空調設備の排水をトイレの排水や散水へ再利用
  • コージェネレーションシステムによる自家発電設備
  • 夜間電力を利用し、廃棄ガスを出さない氷蓄熱式エアコン設備
  • 足尾銅山などでの植樹活動
  • 不適合品は高濃度熔解処理機によりリサイクル用資材に加工

環境に配慮した印刷を証明する認証

今日の印刷製品でよく目にする環境配慮マークの数々。インキや用紙、印刷方式に関連する認証などさまざまなマークがあります。NTT印刷では以下の認証を取得して、お客様の製品作りをお手伝いしています。

FSC
PEFC グリーンプリンティング認証 環境保護印刷マーク
Forest Stewardships Council®
(森林管理協議会)
PEFC 森林認証プログラム グリーンプリンティング認証 環境保護印刷マーク
森林認証

ISO14001の取得

当社は、企業が環境に対する方針を立て、計画・実行した結果を評価する、環境に関する国際標準規格「環境マネジメントシステムISO14001」を認証取得しています。

統合マネジメントシステム

「品質」「環境」「情報セキュリティ」の各分野は互いに影響を与え合うものです。それら3種のマネジメントシステムの実効性をさらに高めるために、共通部分を統合して運用する「統合マネジメントシステム(Integrated Management System/IMS)」を構築し、全体最適の中で継続的改善活動を実施しています。

統合マネジメントシステム

ページトップへ